坂の町、長崎市

長崎の市内は山がとても多い町です。

家やマンションが山の傾斜に添って並んでいる風景が至る所に見られます。

なので自転車がほとんど使えず、長崎で生まれ育った人は自転車に乗れない率が高いです。

また、とても細い道や階段が多いので、車であっても目的地にたどり着くために苦労することが多いです。

市内には路面電車が走っていて、どこまで乗っても大人一人120円、子どもは60円と低料金でこの公共の交通機関を利用できることは非常に便利なのですが、路面電車が走っているのはあくまで市内の中心の道路上だけなのでやはり目的地までは車かもしくはバス、徒歩などの交通手段をとることになります。

バスも本数が多く、市内のかなりの地域を網羅してくれているので、よほどの海側の地域などでなければバスも便利に使えます。

長崎市内の観光客が訪れる場所と言えば稲佐山やグラバー園や諏訪神社、平和公園などがありますが、これらも坂の上にあります。

新地中華街などは市内中心部の平坦な地にあるので交通の便も良く、坂をのぼらずにすみますが。

長崎市内の子は自宅も学校も坂の途中にある場合が多く、山をのぼってくだってして登下校するのが全く珍しくありません。

以上のように長崎市は大変、坂が多いところなので観光するときには車で周るのがおすすめです。

例えば、長崎空港を利用して長崎を訪れた時には空港のレンタカーを借りるのがいいでしょうね。

レンタカー長崎空港とネットで検索すれば長崎空港で一番安いレンタカーが沢山見つかります。

その中で気に入った車を借りて長崎を観光してみましょう。

きっと隠れた名所や今までに食べたことのなかったような名物を見つけることが出来ると思いますよ。

宮崎県はおいしいものの宝庫です

九州といえばいろいろなおいしいものがある場所が多いですが、宮崎県も負けていません。たくさんのおいしいものがあります。

農畜産物に限っては名産品がたくさんありますし、水産物も東側には太平洋があるので海の物が手軽に手に入ります。

冬場になると野球やサッカーのプロの選手が温暖な地域という事でたくさんキャンプにやってきます。

その事もあって全国版のテレビ放送に宮崎が中継され、キャンプ地宮崎という事も定番化しました。

マスコミにより地方色が強い地元飯も有名になってきています。

冷や汁などは冷たいお味噌汁をご飯にかけた食べ物ですが、あっという間に全国的に知られる食べ物になってしまいました。

出始めの頃は、ただの猫まんまと言っていた人が、テレビの食レポを見て夏場の暑い日の定番になってしまった話など多く聞きました。

宮崎で生産されている焼酎も有名で、多くの人に飲まれるようになりましたが、それにともない酒のつまみもたくさん知られるようになりました。

特に今まで知られていなかった地鶏の食べ方は東京でも食べられるようになりました。一般的に言われる炭火焼です。

鹿児島県や熊本県では地鶏は刺身で食べるのですが、宮崎県では刺身でも食べますが、炭火で黒くすすが付くくらいまで焼いて食べることが多いです。

それがコリコリとした歯ごたえでおいしいのです。

フライパンで焼くのとは違うし、焼き鳥ともまた異なる独特のおいしさがあります。

野球選手が元になり有名になったうどんや卵焼き、非常に高価な果物のマンゴー、ステーキ肉として有名な宮崎牛など思い出せば数えきれないほどいろいろとおいしいものがあります。このように宮崎は食べ物の宝庫です。

以上のような食の宝庫、宮崎へ行ってみてはいかがですか。

本州からでも飛行機ならあっという間に宮崎に行けるのでいいですよ。

そしておすすめするのが宮崎空港のレンタカーを利用することです。

車なら色んな食の宝庫の観光地を自由に回ることが出来ますからね。

レンタカー宮崎空港というサイトなら簡単にレンタカーが予約出来るので利用すると良いと思いますよ。

是非、宮崎に行って美味しいものを沢山食べてみて下さいね。

函館の魅力について

函館は、海が近く様々な魚介類がたくさん揚がってきます。

そのため、新鮮なものが多く市場に並びます。

中でも、函館の朝市はとても多くの地元の人だけではなく、多く旅行観光客で毎朝賑わいます。

港のすぐ近くのホテルでは、朝から魚介類が多く並びバイキング形式で食べられるホテルも少なくありません。

函館へ観光旅行をする際は、ぜひ、朝から新鮮な魚介類が食べられるホテルへ泊まっていくといいと思います。

ホテルでの食事もとてもいいものがありますが、1番は、実際に市場へ行き、そこで新鮮なイカの踊り食いをオススメします。

人生で一度はイカの踊り食いを函館でして欲しいと思います。

また、函館の水族館は、海にいる生き物を見ることができ、デートには最適だと思います。

海だけではなく、何と言っても1番有名なのは、函館展望台から見える夜景です。

山から見える景色は、函館の街並みを一望でき、とてもロマンチックで、良い雰囲気を味わえます。

上から見渡すだけではなく、実際にレンガ造りの街並みを観光するのもオススメですが、函館は珍しい地形で坂が多く大変なところもあるため、地図を見ながら観光したほうがいいかもしれません。

様々な偉人の資料館もあるため、そういったところに行くのも良いと思います。

そんな魅力的な函館ですが、函館空港を利用する人はレンタカーがおすすめです。

先ほども紹介したように函館は坂が多くて歩くのには大変なところも沢山あるからです。

そのため、レンタカーならスイスイと観光地を廻れるからです。

レンタカーはレンタカー函館空港といったサイトで格安予約で借りられるのでおすすめしますよ。

是非、レンタカーで函館の観光地を満喫してくださいね。

熊本の印象などについて

熊本を旅行した時の印象を紹介します。

熊本へは飛行機を利用して熊本空港に着きました。

熊本空港でレンタカーを借りてドライブの旅をしました。

レンタカーは格安の予約サイトで借りておきました。

それはレンタカー熊本空港というサイトです。

さて、熊本のことです。

熊本は、いわずとしれた、九州のなかの県の名前です。

九州は日本のなかでは、温暖で、雪がふりません。

そのため、東京にきた熊本出身者は、東京にきてはじめて雪をみることになり、驚きます。

熊本出身者のことばづかいは、東京では、方言ではありませんが、地元民には、方言が根強くのこっているとも言われます。

おなじ九州のなかでも、福岡などとはことなる、独特の方言があるらしく、歌にもあるだろう、ほら、あんたがた、どこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ、って。と言われるように、実は、方言のきつい地方らしいです。

どこさは、標準語になおせばどこですか、くらいの意味です。

地元のひとは、どこですか、といわずに、どこさ、というのでしょう。

ところで熊本は、石垣がくずれたことで有名な、熊本城を擁してします。

お城があるということは、街が城下町であるということ。

日本は、明治時代は、士農工商といって、武士を支配階層とする階層社会をきづいていましたから、地元にお城があるというのは、そこそこの自慢になります。

熊本のお城は、姫路城などの美しいことで有名なお城とは違うようですが、地元のひとにとっては、地元のシンボル的なもので、とても大切なものだと思います。

熊本地震で熊本城の石垣がくずれたことが大きなニュースになったのは、そのあらわれでしょう。

さて、熊本県の地理的立地条件ですが、東京を首都とする日本の交通事情のなかでは、どちらかというと辺境に位置します。

東京からのアクセスでいうかぎり、おなじ九州のなかで、一番アクセスがよいのは、福岡だからです。

東京と福岡は、新幹線のみならず、空の便でも緊密につながっています。

やはり、九州の宮崎出身の友人は、学生時代、宮崎東京間の航空券の値段は、韓国東京間の航空券の値段よりたかいと怒っていました。

事情は、いまもかわらないでしょう。

このように、気候は温暖ですごしやすいものの、お城はあるというものの、東京との距離によって、熊本は、まぎれもない、地方都市であり、地方都市としての特徴をかねそなえているはずです。

大分県の竹田市の水事情としては湧水が特に有名

九州地方は、元々が降雨量の多い地域としても知られます。

そんな中、九州の東部に位置する大分県は北部に祖母山、中央部には九重連山が控えていて、何れも水源地域としても水の豊かなところです。

更に、九州を代表する湧水の里で知られる竹田市は名水の里としてえも有名で、豊かな土壌よりコンコンと湧き出します。

大分県竹田市は、ほぼ九州の真ん中に位置し、勿論、滝廉太郎が「荒城の月」の構想を練った岡城で有名なところの城下町としても広く知られています。

其の竹田市は阿蘇山をはじめ祖母山、久住山域(九重山地)、阿蘇山系において、自然に染み込んだ伏流水が長い永い時の中で清らかな水を育み、竹田の大地に潤いを与えてくれています。

そんな湧水の里は、湧水量が豊富で水質評価も高いことから名水百選にも選ばれていて、市内のいたる所で湧水が湧き出しています。

人気を誇る河宇田湧水、九州一の名水と評判の泉水(せんずい)湧水をはじめ、市内の県道8号周辺には多くの湧水が点在しています。

一方、白山川水系では傾山の大白谷(豊後大野市)を源とし、蛍が舞うほどの清流として知られ、ポイントは名水の石清水ともう一つは傾山の冷水登山口傍の傾山原始の水が、よく知られております。

周囲には、石橋や稲積鍾乳洞、それに夫婦岩なのど景勝地も有ります。

そんな名水のある大分県の竹田市を訪れる観光客も多くいます。

本州からの観光客の人は多くの人が大分空港を利用しています。

そして大分空港でレンタカーを借りて九州の旅を楽しむ人も多いのです。

聞くところによるとレンタカー大分空港というサイトで予約する人が多いそうですが、理由はかなり安い価格でレンタカーが借りられるからだということです。

皆さんも九州の旅、大分の竹田市などを訪れる際には大分空港のレンタカーを利用してみてはいかがですか。

まるでアメリカ!沖縄の様子と米軍基地

高校の時、家族旅行で沖縄に行ったことがあります。

沖縄に最初に着いたのは那覇空港でした。そこで父がレンタカーを借りて来ました。父が言うには沖縄には電車が無くて移動するには車が一番便利なんだということでした。

沖縄に到着する前に父がネットの予約でレンタカーは手配してあったそうです。

何でもレンタカー那覇空港というネットのサイトで予約したので半額以下の格安料金で借りれたんだと父は自慢していたのを今でも良く覚えています。

そしてまず最初に後学の為だと言って父は私たちを米軍基地にレンタカーで連れて行ってくれました。

時は8月下旬でした、残暑厳しい時期…と思いきや、正直、そこまで暑く感じませんでした。湿度が低いんですね。

でも、「沖縄は日本一暑い」と思い込んでいる米軍の家族の皆さんは、なぜか「沖縄は一番暑いのよ!」と暑さ自慢。本土の方が湿度が高いよと言ったら、めっちゃ嫌な顔をされました。

そして、なぜかテレビもつけっぱなし、水も出しっぱなしで、それはなぜかと聞いたら、「だって日本がお金を払ってるんだから!」と言われました。所謂「思いやり予算」ってやつです。そう、日本が「思いやり予算」で払っているお金は、こうして使われている… もちろん、これがすべてではないと思います。でも、当時私は高校3年生でしたが、それでもこれは衝撃的でした。

那覇市はアメリカの街そのもので、ホストシスターに最初に連れていかれた場所はイオン那覇店でした。「ここがイオンよ!」と言われても、うん、見りゃ分かるよ、とあまり感激せず。ただしアメリカ人らしくお客さんは多かったです。アメリカンビレッジや、どう見ても米軍さんを対象にした居酒屋など、ここは米軍基地があって初めて経済が成り立っている県なんだなぁと感じました。