大分県の竹田市の水事情としては湧水が特に有名

九州地方は、元々が降雨量の多い地域としても知られます。

そんな中、九州の東部に位置する大分県は北部に祖母山、中央部には九重連山が控えていて、何れも水源地域としても水の豊かなところです。

更に、九州を代表する湧水の里で知られる竹田市は名水の里としてえも有名で、豊かな土壌よりコンコンと湧き出します。

大分県竹田市は、ほぼ九州の真ん中に位置し、勿論、滝廉太郎が「荒城の月」の構想を練った岡城で有名なところの城下町としても広く知られています。

其の竹田市は阿蘇山をはじめ祖母山、久住山域(九重山地)、阿蘇山系において、自然に染み込んだ伏流水が長い永い時の中で清らかな水を育み、竹田の大地に潤いを与えてくれています。

そんな湧水の里は、湧水量が豊富で水質評価も高いことから名水百選にも選ばれていて、市内のいたる所で湧水が湧き出しています。

人気を誇る河宇田湧水、九州一の名水と評判の泉水(せんずい)湧水をはじめ、市内の県道8号周辺には多くの湧水が点在しています。

一方、白山川水系では傾山の大白谷(豊後大野市)を源とし、蛍が舞うほどの清流として知られ、ポイントは名水の石清水ともう一つは傾山の冷水登山口傍の傾山原始の水が、よく知られております。

周囲には、石橋や稲積鍾乳洞、それに夫婦岩なのど景勝地も有ります。

そんな名水のある大分県の竹田市を訪れる観光客も多くいます。

本州からの観光客の人は多くの人が大分空港を利用しています。

そして大分空港でレンタカーを借りて九州の旅を楽しむ人も多いのです。

聞くところによるとレンタカー大分空港というサイトで予約する人が多いそうですが、理由はかなり安い価格でレンタカーが借りられるからだということです。

皆さんも九州の旅、大分の竹田市などを訪れる際には大分空港のレンタカーを利用してみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です