宮崎県はおいしいものの宝庫です

九州といえばいろいろなおいしいものがある場所が多いですが、宮崎県も負けていません。たくさんのおいしいものがあります。

農畜産物に限っては名産品がたくさんありますし、水産物も東側には太平洋があるので海の物が手軽に手に入ります。

冬場になると野球やサッカーのプロの選手が温暖な地域という事でたくさんキャンプにやってきます。

その事もあって全国版のテレビ放送に宮崎が中継され、キャンプ地宮崎という事も定番化しました。

マスコミにより地方色が強い地元飯も有名になってきています。

冷や汁などは冷たいお味噌汁をご飯にかけた食べ物ですが、あっという間に全国的に知られる食べ物になってしまいました。

出始めの頃は、ただの猫まんまと言っていた人が、テレビの食レポを見て夏場の暑い日の定番になってしまった話など多く聞きました。

宮崎で生産されている焼酎も有名で、多くの人に飲まれるようになりましたが、それにともない酒のつまみもたくさん知られるようになりました。

特に今まで知られていなかった地鶏の食べ方は東京でも食べられるようになりました。一般的に言われる炭火焼です。

鹿児島県や熊本県では地鶏は刺身で食べるのですが、宮崎県では刺身でも食べますが、炭火で黒くすすが付くくらいまで焼いて食べることが多いです。

それがコリコリとした歯ごたえでおいしいのです。

フライパンで焼くのとは違うし、焼き鳥ともまた異なる独特のおいしさがあります。

野球選手が元になり有名になったうどんや卵焼き、非常に高価な果物のマンゴー、ステーキ肉として有名な宮崎牛など思い出せば数えきれないほどいろいろとおいしいものがあります。このように宮崎は食べ物の宝庫です。

以上のような食の宝庫、宮崎へ行ってみてはいかがですか。

本州からでも飛行機ならあっという間に宮崎に行けるのでいいですよ。

そしておすすめするのが宮崎空港のレンタカーを利用することです。

車なら色んな食の宝庫の観光地を自由に回ることが出来ますからね。

レンタカー宮崎空港というサイトなら簡単にレンタカーが予約出来るので利用すると良いと思いますよ。

是非、宮崎に行って美味しいものを沢山食べてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です