坂の町、長崎市

長崎の市内は山がとても多い町です。

家やマンションが山の傾斜に添って並んでいる風景が至る所に見られます。

なので自転車がほとんど使えず、長崎で生まれ育った人は自転車に乗れない率が高いです。

また、とても細い道や階段が多いので、車であっても目的地にたどり着くために苦労することが多いです。

市内には路面電車が走っていて、どこまで乗っても大人一人120円、子どもは60円と低料金でこの公共の交通機関を利用できることは非常に便利なのですが、路面電車が走っているのはあくまで市内の中心の道路上だけなのでやはり目的地までは車かもしくはバス、徒歩などの交通手段をとることになります。

バスも本数が多く、市内のかなりの地域を網羅してくれているので、よほどの海側の地域などでなければバスも便利に使えます。

長崎市内の観光客が訪れる場所と言えば稲佐山やグラバー園や諏訪神社、平和公園などがありますが、これらも坂の上にあります。

新地中華街などは市内中心部の平坦な地にあるので交通の便も良く、坂をのぼらずにすみますが。

長崎市内の子は自宅も学校も坂の途中にある場合が多く、山をのぼってくだってして登下校するのが全く珍しくありません。

以上のように長崎市は大変、坂が多いところなので観光するときには車で周るのがおすすめです。

例えば、長崎空港を利用して長崎を訪れた時には空港のレンタカーを借りるのがいいでしょうね。

レンタカー長崎空港とネットで検索すれば長崎空港で一番安いレンタカーが沢山見つかります。

その中で気に入った車を借りて長崎を観光してみましょう。

きっと隠れた名所や今までに食べたことのなかったような名物を見つけることが出来ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です